DEVELOPMENT

開発力

原薬から製剤までを
一貫して研究開発、そして生産へ。
最終製品までを考えた、
高い品質保証が可能です。

陽進堂の研究開発部門は、原薬の研究開発から、実際に製剤を行うまでの一連の研究開発を一貫体制で行っています。最終的な製剤を考えた上での高い品質の原薬の合成、製剤設計、実生産レベルでのスケールアップ、製品になってからのアフターケアまでを研究開発部門が担います。これによって、生産部門は生産に集中することができ、効率のよい生産が可能となっています。

信頼に応える開発力

研究開発部門と生産部門との間では、情報交換や人事交流を活発に行い、スピード感のある研究開発と、高効率な生産体制を整備。そんな環境があるからこそ、より早く、低コスト、品質の高いジェネリック医薬品をお届けすることができるのです。

一貫した研究開発、
実生産レベルのスケールアップで、
高品質な製造をスピーディーに実現。

試験管などで合成法を確立
2000Lの反応器

MF対応状況・取り扱い品目一覧

販売名 MF登録番号 登録日
アトルバスタチンカルシウム水和物 229MF10023 2017.01.31
アリピプラゾール 227MF10286 2016.11.22
アルガトロバン(C) 303MF10076 2021.05.10
イミダフェナシン 230MF10150 2018.11.07
オロパタジン塩酸塩 222MF10253 2010.10.28
クロピドグレル硫酸塩(N) 226MF10037 2014.11.17
クロラムフェニコール(N) 225MF10141 2022.06.28
クロラムフェニコール(N)微粉 225MF10142 2022.06.28
ザルトプロフェン(N) 303MF10112 2021.07.16
日局 チクロピジン塩酸塩(製造専用) 219MF10251 2019.03.15
テプレノン(N) 224MF10118 2014.05.14
ドネペジル塩酸塩(C) 303MF10149 2021.09.17
Tranexamic acid (JP) 223MF10004 2011.01.14
Droperidol 220MF10090 2008.03.28
日局 ドロペリドール(製造専用) 218MF10329 2006.03.09
ドンペリドンV 220MF10225 2008.11.10
ナジフロキサシン(C) 303MF10167 2021.11.25
ノルフロキサシン(N) 225MF10086 2013.04.23
ピタバスタチンカルシウム(C) 302MF10150 2020.12.15
ファモチジン(N) 225MF10085 2014.05.29
フェキソフェナジン塩酸塩(C) 302MF10093 2020.08.05
ブロナンセリン 230MF10005 2018.01.10
ボグリボース 230MF10005 2006.01.31
ボグリボース(C) 303MF10056 2024.03.27
ボグリボース(N) 222MF10132 2010.04.12
ミルタザピン 229MF10155 2017.08.04
メナテトレノン 218MF10404 2007.01.10
モサプリドクエン酸塩水和物(N) 230MF10108 2020.06.16
ラベプラゾールナトリウム 221MF10025 2009.01.28
ラベプラゾールナトリウム(N) 226MF10102 2014.05.19
レボセチリジン塩酸塩 230MF10149 2018.11.07
Loxoprofen Sodium Hydrate 303MF10090 2021.06.07
ロキソプロフェンナトリウム(KOLON Chungju) 306MF10006 2024.01.11
Loxoprofen Sodium(N) 221MF10149 2014.02.05
ロサルタンカリウム 222MF10254 2010.10.28